外壁塗装というのは、要するに外壁に塗料剤を塗る行為になります。
これはどんな意味があるのか、といえば家に水分を入れ込まないようにすることがメインの目的になります。
つまりは、それは家の劣化を防ぐことになります。
それこそが外壁塗装においてまずは第一目的になります。
しかし、この上で色選びもする必要があります。
街を見ればわかるでしょうが外壁の色というのはまさにいろいろとあります。
白も黒もありますし、茶色あたりも人気があるものであるといえるでしょう。
青、緑ということもあります。
はっきりいって色合いというのは本当に何でも作ることができます。
多少手間がかかるような色もあるのですが、それでも基本的に自由ですし何色にしてもよいのですがさすがに考えることはあります。
それは色選びで失敗しないようにするためには必須です。
まずは目立たないことです。
ですから、ピンクなどは駄目です。
もちろん、趣味でやるのもよいでしょうが基本的に失敗と考えてしまうことが多い色になります。
色選びで失敗することの多いパターンが好きな色にすることです。
家の色なのですが自分の好きな色というのが大事なわけではなく、周りとの調和を考えるようにしましょう。

参考はこちら →失敗 外壁 色選び

関連記事


    コンクリート打ちっ放しやサイディング等、外壁と言っても様々な種類があります。 その中で建売住宅でよく見かける塗装外壁ですが、一般的には新築から10年位のタイミングで実施されるか方が多いと言われますが…


    マイホームに住みはじめて10年くらい経つと、 外壁のあちらこちらに劣化が生じてきます。 家の壁や屋根は毎日、紫外線にさらされたり風雨を防いだり しているわけですから、経年劣化するのは当然といえば当然で…


    レンガは粘土や泥などを焼き固めたものですが、 土の中に含まれている鉄分などの影響で色が変わります。 レンガの色は、だいたい赤茶色とか赤褐色のものです。 そのレンガ 合う色は、服のファッションに似ている…