汚い髭で損をする場合

髭がかっこいいと思っている人はいませんか。一部の人はかっこいいと思っていたり、女性にもてると思っているのではないでしょうか。その実態は全くの逆です。

髭を生やしている人は汚い、と思われるのが一般的。これを機会に「髭 汚い」を卒業して、清潔な姿を目指しましょう。それでは、どのような場面で汚い髭が問題になってしまうのでしょうか。その場面について確認してみます。

 

 

面接するとき

アルバイトや就職など、面接してもらう機会がありますよね。このような場面でヒゲをたくわえていると間違いなく印象が悪いです。

髭を生やしている男性は、間違いなく汚く見えます。冷静に考えてみてください。髭がボサボサな人がショップの店員だったり、会社で営業したりすると、どのような印象を持たれると思いますか。

間違いなくその人とやりとりをしたお客さんが汚いと思うのは間違いないでしょう。だからこそ、アルバイトや就職の面接などでも不利に働いてしまうのです。

 

 

写真写りが悪い

証明写真を撮るときにも髭を生やしていると汚い姿に見えます。特に運転免許証の写真は、普通よりもカッコ悪く見やすいものです。

俳優や女優ですら何か悪いことした犯人のように見えてしまうのが証明写真なのです。その時に髭をちゃんと剃っておかないと間違いなく写真写りが悪くなります。

なかなか他人に見られることもない写真ですが、自分でも見たくないレベルの写真になってしまうのはよくありません。証明写真を撮る場合には、汚い髭をちゃんと処理しておきましょう。

 

 

女性と会う場合

そして汚い髭は女性には最も嫌われます。髭をボーボーさせてかっこいいと思っているのは誤解です。女性にとっては汚い以外の何物でもありません。確かにワイルドに見えるかもしれませんが、女性はそんな事は思いません。清潔感第一なのが女性の立場なのです。

女性と会う場合といっても、さまざまな場面があります。つき合っている女性とデートをする場合、このような時には気心も知れていて女性も許してくれるかもしれません。

しかし、そのような親密な場面ではない時もあります。つき合ってからまだほとんど間がない、つき合い始めの頃など。

このような場合には「汚い人だな」と思われてしまうのは仕方がないところでしょう。その他にも仕事で接客をする場合も、何かのきっかけで女性と話をする場合には、髭を生やしている男性は、間違いなく汚いと直感的に判断されます。女性の立場にたって考えてみて、汚い髭はちゃんと処理しましょう。

汚いヒゲが問題になってしまう場合、就職の面接のとき、証明写真を撮るとき、女性と話すとき、このような場合にはデメリットとして働きます。普段から髭を丁寧に処理していない人、無精髭が格好いいと思っている人は、このような場面でしっかりと処理するのがおすすめです。

 

 

関連記事

    None Found