『30代はお肌の曲がり角』なんて言われていますが、これは女性に限った話ではなく、男性にも当てはまります。

10代、20代の若い頃はまだ肌そのものが若々しい為、スキンケアを怠っていても然程問題にはならないでしょう。

しかし30代に入ると加齢やストレスによる肌トラブルや、代謝の衰えなどによって、男性も肌の衰えを実感し始めていきます。

30代になったら、今までのスキンケアを変えていく必要があります。

では、30代の男のスキンケアとはどの様にしたら良いのか。詳しく見ていきましょう。

 

 

【1.保湿に気を付ける】

30代からの男のスキンケアでは、『保湿』が重要になってきます。

男性は女性に比べると皮脂の分泌が多く、一説には約2倍の皮脂が分泌されるとも言われています。

実際に男性向けのスキンケア用品には、皮脂の分泌を抑える効果があるものが多く、男性の肌の皮脂量は晩年になるまで衰えないと言います。

ならば寧ろ保湿をしたら余計に油っぽくなるのでは?と思われると思います。

しかし実は保湿をしないと余計に肌は油っぽくなってしまうのです。

皮脂とは元々肌の乾燥やダメージを防ぐために分泌されるものなので、洗顔後に保湿をせずにいると、肌は自分を守ろうと余計に皮脂を分泌させてしまうのです。

特に男性は30代になると肌の乾燥が加速し、肌理も粗くなり易いので余計に皮脂が分泌されて油っぽくなってしまいます。

30代からは保湿を重視したスキンケアを行うようにしましょう。(参照:男 スキンケア

 

 

【2.髭剃りの際には必ずケアをする】

肌が弱く、髭を剃るとカミソリ負けをする、という男性は案外多いものです。

それもそのはず、カミソリで髭を剃ると刃物が直接肌の上を滑る為、少しずつですが確実に肌を傷つけていきます。

その為髭剃り後のケアを怠るとそのダメージが蓄積されていき、乾燥やシワの原因に繋がっていきます。

特に代謝が落ち始める30代の肌は、受けたダメージに対して回復が追い付かなくなっていきますので、日々のスキンケアで補う必要があります。

まずは髭剃り前には蒸しタオル等で顔を温める等して、髭と肌を十分に柔らかくしておきます。

そうする事によってカミソリから受けるダメージを減らし、髭も剃り易くなるからです。

髭を剃るときは洗顔フォームなどのよく滑るものを用いると良いでしょう。

滑りやすければそれだけ肌への摩擦を軽減することができます。

また髭剃り後のケアも大切です。保湿効果のある化粧水をたっぷり使い、乾燥しないように注意してください。

 

 

【3.紫外線対策を行う】

紫外線対策なんて男には関係ない、と思われている方も多いと思いますが、30代の男のスキンケアでは紫外線対策も必要になってきます。

若い頃は紫外線なんて気にせずに肌を焼いてもダメージが表れ難いですが、30代を過ぎると紫外線による肌へのダメージが表面化し易くなるからです。

若い頃は平気だったのに少し焼いただけで肌がボロボロ、何て事も起こり得ます。男性で紫外線対策を行うことに抵抗や気恥ずかしさがある場合は、UVカット効果のある化粧水などから始めてみるのも良いでしょう。

 

 

関連記事

    None Found