レンガは粘土や泥などを焼き固めたものですが、
土の中に含まれている鉄分などの影響で色が変わります。
レンガの色は、だいたい赤茶色とか赤褐色のものです。
そのレンガ 合う色は、服のファッションに似ているのではないかと考えます。
今年の服のトレンドは、温かみのある色・テラコッタカラー。
その色には白が似合います。華やか・爽やかさがあります。
少しくすみを持たせると落ち着いた感じになります。
ネイビーにするとしまり感があり、ダークブラウンにすると落ち着きがあります。
黒や紺色も個性がひかります。
ダークグリーンにしたら、燃えるテラコッタカラーと癒しの緑系で意外と中和されていい組み合わせです。
昔の海外の組み合わせを参考にすると赤いレンガの外壁には、
窓枠などにいぶした金色を使うと豪華な感じになり、白の窓枠などもアクセントになっています。
レンガと組み合わせて落ち着いた雰囲気にしたければ、少し暗い色目を、
華やかにしたければ明るい白っぽい色を組み合わせればよいでしょう。
自分の家の雰囲気をどのようにしたいかをまず決めることで、
レンガと組み合わせる色が選びやすくなります。
服のトレンドのように飽きればすぐに交換というわけにはいきません。
ですから、いろんな家やプロの意見を参考にされるとよいですね。

関連記事


    マイホームに住みはじめて10年くらい経つと、 外壁のあちらこちらに劣化が生じてきます。 家の壁や屋根は毎日、紫外線にさらされたり風雨を防いだり しているわけですから、経年劣化するのは当然といえば当然で…