太陽光発電と聞いてもなかなか海外の太陽光発電がどうなっているかという事は分かっていない人は多いです。
では、実際に海外の太陽光発電と日本国内の太陽光発電はどう違うのかというと、それは海外と日本国内では太陽光発電に対する意識が全然違います。
確かに日本でもそこまで太陽光発電に積極的ではないですが、海外ほどではありません。
では、実際に日本国内と海外の太陽光発電の意識が違うのはどういう点でそうなのかというとそれは海外は太陽光発電をしても上手くしなかったという歴史があるのでもう太陽光発電に積極的でないというのがあります。
それに対して日本はまだ太陽光発電で失敗したという事はないので、まだこれから伸びる余地があるというのがあります。
なので、海外は別に太陽光発電に関心がなかったというのではなく、以前はあったけれども過去に失敗したという歴史からあまり積極的になれないという事情があります。
なので、海外の太陽光発電はあまり技術の進歩がないですが日本の太陽光発電の技術は確実に進歩しています。
ただ、いくら日本の太陽光発電の技術が進歩しても海外で需要があるかというとそれは別の話です。
なおで、海外の太陽光発電と日本の違いは太陽光発電をどれだけ重要に思っているかという点で大きな違いがあります。
こちらを参考にしました。⇒海外 太陽光発電

関連記事