ニキビは潰してはいけないとよく言われますが、白ニキビは潰しても問題ないのです。
白ニキビのような、ニキビが出来始めの状態は皮脂が詰まったもの(コメド)を外に排出することでニキビの悪化を防止することができますので、潰しても問題ないとされているのです。
とは言え、無理に潰すことは禁物です。
そして2回~3回以上やらないようにします。
白ニキビは皮脂が毛穴に溜まってできたニキビです。
毛穴内部が炎症を起こしていないニキビの初期段階です。
このタイミングでつぶすことでニキビの悪化を防ぐことができるのです。
白ニキビを潰すタイミングは、入浴後や洗顔後の毛穴が開いている状態がベストです。
清潔な状態で行うようにします。
ドラッグストアなどで販売されている「コメドプレッシャー」を利用して潰すのもおススメです。
コメドプレッシャーの使い方は、消毒用のエタノールや煮沸消毒で清潔にしてから、白ニキビの上に当てて、2~3回繰り返して押さえて余分な皮脂などを出していきます。
白いニュルッとしたものが出てきたらピンセットでつまみ出します。
毛穴が開いている状態なので、このまま放置してしまうと雑菌が入ってしまうので、化粧水などでケアをします。
コメドプレッシャーが無い場合は、ティッシュを両手の人差し指にそれぞれ巻いて、優しくニキビを潰します。
ティッシュで潰れたニキビをそっと拭き取り、最後は潰した部分も含めて洗い流して清潔な状態を保たせます。
よって、白ニキビは正しいタイミングと潰し方で、ニキビの原因となるアクネ菌を排出することができ、ニキビ痕が残らず、ニキビだけでなく、シミやシワに強い肌にすることができます。

こちらも参考にしてください⇒白ニキビ 潰す

関連記事


    ニキビを治すときどんな抗生物質が使われるの? ニキビがひどくなって皮膚科で診てもらうと、抗生物質の塗り薬を処方されることがあります。 抗生物質は副作用が強いので敬遠する医院もありますが、まだまだ抗生物…