ニキビを治すときどんな抗生物質が使われるの?

ニキビがひどくなって皮膚科で診てもらうと、抗生物質の塗り薬を処方されることがあります。
抗生物質は副作用が強いので敬遠する医院もありますが、まだまだ抗生物質の需要はあります。

強力な殺菌作用を持つが副作用が多いクリンダマイシン、皮膚感染症の治療によく用いられるナジフロキサシンがニキビの治療に使われることが多い抗生物質です。
即効性が高いクリンダマイシンを使いたいところですが、副作用が大腸関連に多いので、アクネ菌などを殺菌する働きがあるナジフロキサシンの方を使う、というのが現実的ではないでしょうか。

抗生物質がニキビに効くとき、効かないとき

そもそも抗生物質はニキビ専用の薬ではありません。細菌を殺したり、増殖を抑えたりする物質です。
ニキビに関係する菌はアクネ菌で、アクネ菌の作用でニキビは炎症を起こします(いわゆる赤ニキビ)。
したがって、アクネ菌まだ存在していない白ニキビや黒ニキビの状態であるのに、抗生物質を塗ってもなんの効果もありません。
副作用が出るだけです。
赤ニキビの患部にナジフロキサシンなどが含まれた外用薬を塗ると、アクネ菌と戦って除去してくれますので、効果が実感できます。

ただ、アクネ菌にも善玉菌と悪玉菌が存在して、善玉菌には余分な皮脂を食べて保湿成分であるグリセリンをつくってくれるとてもありがたい働きをもっているので、抗生物質によってアクネ菌を一斉退治するのは得策とは言えません。

ルフィーナについて、私が参考にしたのはここです⇒ルフィーナ 口コミ

関連記事